買取本舗七福神

ダイヤモンドの産出国

お電話からでも気軽にお問い合わせ下さい
ダイヤモンド買取のお役立ちコラム 買取本舗七福神

ダイヤモンドの産出国
国ごとの採掘事情や品質の違いも

ダイヤモンドは希少価値が高く、ジュエリーとしてだけでなく、資産としても人気があります。そのため、ダイヤモンドを購入する際は、できるだけ価値ある商品を選びたいと考える人は多いでしょう。また、鑑定書に記載された品質以外にも、ダイヤモンドの産出国について関心を持つ人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ダイヤモンドの産出国について産出量のランキングや、各国の採掘の歴史、採掘されるダイヤモンドの品質の違いについて紹介します。日本国内のダイヤモンド事情についても触れるため、ぜひ参考にしてください。

 

1.ダイヤモンドの産出国と採掘の歴史

ダイヤモンドは地中深くの高温高圧下で生成される鉱物で、99.9%以上の成分が炭素です。ダイヤモンドに微量に含まれる他の物質が、結晶の形状や品質に影響を与えると言われています。

またダイヤモンドは、地球上の古い地殻に見られる「キンバーライト」という鉱石の鉱脈(キンバーライトパイプ)から採掘されることがほとんどです。キンバーライトパイプはロシアやアフリカなど限られた土地にしか見られないため、ダイヤモンドを採掘できる国には偏りがあります。

下記は、ダイヤモンドの採掘量が多い国と産出量をまとめた表です。なお、データはあくまで工業用ダイヤモンドの産出量であり、採掘されたダイヤモンドのうち品質の高いものが宝石として取り扱われます。

【2020年の天然ダイヤモンド産出量】

順位 産出国 産出量(百万カラット)
1 ロシア 19
2 オーストラリア 12
3 コンゴ 12
4 ボツワナ 5
5 南アフリカ共和国 3

出典:USGS「Mineral Commodity Summaries 2021」

ダイヤモンドの主要産地は、キンバーライトパイプの存在するロシア・オーストラリア・アフリカ大陸です。なお企業別に見ると、ロシアのALROSA(アルロサ)社・南アフリカ共和国発祥のDe Beers(デビアス)社・オーストラリアとカナダに鉱山を持つRio Tinto(リオティント)社のシェアが高いことが分かります。

出典:AWDC「The Global Diamond Industry 2020?21」

 

1-1.ダイヤモンド採掘の歴史

ダイヤモンドは、紀元前のインドで初めて発見されたと言われています。自然界の何よりも硬く、美しいきらめきを持つダイヤモンドは、世界各地で神秘性を秘めた宝石として重宝されるようになりました。しかし、当時はまだダイヤモンドの加工技術がなかったため、他の宝石と比べて、宝飾品としてのダイヤモンドの価値は高くありませんでした。

その後、1475年にベルギーでダイヤモンドをダイヤモンドで切削・研磨加工するカット技術が確立したことにより、宝飾用ダイヤモンドの価値が一気に高まりました。さらに、インドが中心であったダイヤモンド産出国は、18世紀にはブラジル、19世紀にはアフリカ南部に時代と共に移り変わります。

なお、アフリカ南部では、キンバーライトパイプが発見され、採掘現場が地下深くへと移動しました。その過程で、地下深くを掘り進める近代的な採掘技術が確立したと言われています。

20世紀に入ると、ロシアでも大規模なダイヤモンド鉱脈が見つかり、21世紀に入った現在、ロシアは最大のダイヤモンド産出国となっています。

 

2.【ダイヤモンド】産出国ごとの採掘の特徴・品質の違い

ダイヤモンドは、G.I.A(米国宝石学会)が定めた4Cなどの国際基準によって評価されるため、基準をクリアしていれば、産出国によって品質に大きな違いはありません。しかし、産出国ごとに鉱床の成り立ちの違いや採掘の歴史の違いがあるだけでなく、産出する原石にも異なる特徴が見られることがあります。

ここでは、宝石用のダイヤモンドの代表的な産出国5か国の採掘の特徴などを紹介します。

 

2-1.ロシア

世界最大のダイヤモンド産出量を誇るロシアでは、連邦北東部に位置するサハ共和国で国全体の90%以上のダイヤモンドが採掘されています。サハ共和国にはウダーチナヤ鉱山・ジュビリー鉱山・ミールヌイ鉱山など世界最大級の鉱山が多数存在し、大粒で良質な原石が産出することで有名です。

またロシアでは、不純物の代表格である窒素を含まない「タイプ2」と呼ばれる非常に美しく希少なダイヤモンドが産出することも知られています。

さらに、シベリア地方には太古の隕石衝突により生成されたダイヤモンド鉱脈も存在すると言われています。そのため、ロシアでは今後も多くのダイヤモンドが産出されるでしょう。

 

2-2.アフリカ(ボツワナ・南アフリカ共和国など)

世界のダイヤモンド産出国のうち、アフリカ南部の国々が大半を占めます。なかでも、コンゴ・ボツワナ・南アフリカ共和国のダイヤモンド生産量は世界的に見ても多く、1世紀以上の歴史があります。

アフリカ大陸で最初にダイヤモンド採掘が行われた国は南アフリカ共和国です。19世紀に内陸の町キンバリーでダイヤモンドが発見され、近代的なダイヤモンド採掘が始まったことも知られています。

また、ボツワナも世界屈指のダイヤモンド産出国であり、特にジュワネング鉱山で採掘されるダイヤモンドの品質が高いことが有名です。

一方でコンゴは、ダイヤモンドだけでなく、貴金属などの地下資源が豊富に存在する国です。その資源を巡って多くの紛争が起きており、高価なダイヤモンドが、武器調達資金を得るために取引されていると言われています。

紛争地帯で裏取引されるダイヤモンドは、コンフリクトダイヤモンド(紛争ダイヤモンド)と呼ばれ、国際的に問題視されている状況です。

 

2-3.カナダ

カナダのダイヤモンド採掘の歴史は比較的浅く、1998年に操業開始したエカティ鉱山がカナダ初のダイヤモンド鉱山です。

エカティ鉱山をはじめとするカナダの多くのダイヤモンド鉱脈は、夏でも氷が残る過酷な環境にあったため、20世紀末まで発見されることがありませんでした。

人里離れた厳しい環境にありながら、労働環境の整備や安全性の確保を行い操業しているため、倫理的(エシカル)な面で世界的に支持されています。カナダ産のダイヤモンドには鉱山・研磨された重量・シリアル番号などが記された証明書が付属していることも特徴の一つです。

 

2-4.アメリカ

アメリカでは、大規模なダイヤモンド採掘は行われていないものの、観光地として有名な場所が存在します。

アーカンソー州にあるダイヤモンド・クレーター州立公園は、ダイヤモンドの採掘体験ができる観光名所です。ダイヤモンド・クレーター州立公園は、火山が侵食されてできた土地であり、地表浅い土壌にもダイヤモンドなどの宝石が含まれています。

来場者は、スコップやふるいなどの道具をレンタルし、掘り起こした土をふるいで洗いながらダイヤモンドを探し、持ち帰ることが可能です。敷地内では毎日1~2個の小粒のダイヤモンドが見つかっていると言われています。

 

2-5.オーストラリア

オーストラリアのアーガイル鉱山は、世界最大のダイヤモンド鉱山として知られています。しかし、採掘量の減少と、環境への配慮のため、2020年11月に閉山しました。アーガイル鉱山は高品質なピンクダイヤモンドの産出地として有名で、全世界のピンクダイヤモンドの95%を供給していたと言われています。

アーガイル鉱山閉山後、同等の品質のピンクダイヤモンドの鉱脈は未だ見つかっていません。そのため、オーストラリア産のピンクダイヤモンドの価値が今後上がる可能性が高いと言えるでしょう。

 

3.日本でダイヤモンドは採掘できない?

ダイヤモンドの鉱床(母岩)となるキンバーライトパイプは、10億年以上前に形成された古い地殻にしか存在しないと言われています。一方で、日本は地球上の比較的新しい地殻上にあるため、ダイヤモンドを採掘することは地理的に難しいでしょう。

しかし例外的に、2007年に愛媛県で非常に小さなダイヤモンドが発見されました。新しい地殻で火山由来のダイヤモンドが見つかることは世界的にも珍しく、今後研究が進むにつれてダイヤモンド生成にまつわる新たな側面が解明される可能性もあります。

また近年、日本国内では、人工ダイヤモンド(合成ダイヤモンド)の研究や普及が進んでいます。人工ダイヤモンドは工業的な分野だけでなく、ジュエリー業界でも注目されており、国産ブランドも見られるようになりました。なお、環境負荷が少なく、紛争への関与の心配がない人工ダイヤモンドは、世界的にも人気が高まっています。

天然ダイヤモンドと遜色ない輝きを持つ人工ダイヤモンドの市場は、今後さらに拡大するでしょう。

 

まとめ

ダイヤモンドの代表的な産出国はロシアやアフリカ大陸の国々です。宝石としてのダイヤモンドは世界的な評価基準が設けられており、産地にかかわらず一定の品質の商品として販売されています。

ただし、産地によっては不純物の少ないダイヤモンドや、希少なカラーダイヤモンドが採掘されるため、一般基準以外にもこだわりたい人は原産地に注目するとよいでしょう。また、お手元にあるダイヤモンドの品質や、産地による価値に興味を持つ人は、ぜひ「買取本舗七福神」にご相談ください。

人気記事ランキング

【2022年】金価格は今後どうなる?相場推移と下落の要素も解説

更新日:2022年05月23日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大や...詳しくはこちら


サビの取り方

【簡単】ネックレスのサビを取る方法6選!錆びる原因と予防法

更新日:2021年04月06日

ネックレスは金属製であるため、長く使用するとサビや変色が...詳しくはこちら


黒い色の石

黒い宝石の主な9種類・石言葉|ブラックダイヤモンドから黒翡翠まで

更新日:2021年05月14日

黒い宝石は、神秘的で吸い込まれるような輝きを持つことで...詳しくはこちら


金の延べ棒

金とメッキの見分け方4選!自分で本物と偽物を調べる方法

更新日:2021年06月01日

手元に金色のジュエリーやアクセサリーがあるものの、金でできた製品か...詳しくはこちら


アクセサリー

K18GF・K18GPに価値はある?刻印の意味と高価買取のコツ

更新日:2021年06月10日

金色のアクセサリーやジュエリーの中には、「K18GF」や「K18GP」...詳しくはこちら


新着記事

グッチの財布はボロボロでも買取可能?寿命や高く売るコツも

更新日:2022年05月23日

ブランド物であっても長年使いこみ、ボロボロになった財布...詳しくはこちら


買取率とは?買取率が変動する要因から買取率アップのポイントまで

更新日:2022年04月20日

ブランド品や貴金属を売却する際は、査定額だけでなく「買...詳しくはこちら


偽物のブランド品の見分け方は?アイテム別のポイントと購入のリスク

更新日:2022年04月20日日

近年はネットオークションやフリマアプリなどで、気軽にブ...詳しくはこちら


リセールバリューが高いものの特徴は?注目のブランド6選も

更新日:2022年04月04日

ブランド品を購入する際に、デザインや使い勝手のよさを基....詳しくはこちら


関連記事

ダイヤモンドの産出国|国ごとの採掘事情や品質の違いも

更新日:2021年10月22日

ダイヤモンドは希少価値が高く、ジュエリーとしてだけでな...詳しくはこちら


ダイヤモンドが高い理由|価値基準・換金性・市場のこれから

更新日:2021年10月22日

高い耐久性を持ち、ほかの宝石には見られない美しい輝きを...詳しくはこちら


ダイヤモンドとは?基本情報から評価基準の4C・種類までを解説

更新日:2021年10月22日

ダイヤモンドは、古くから貴重な宝石として世界中で重宝さ...詳しくはこちら


【ダイヤモンド・ダイアモンド】どちらの表記が正しい?

更新日:2021年05月10日

外国語の中には、日本語で記載する際に読み方が難しい言葉が...詳しくはこちら


偽物ダイヤモンドの見分け方4選!模造に多い素材とは?

更新日:2021年04月13日

ダイヤモンドは、世界でもっとも高価な宝石といわれ、誰もが...詳しくはこちら


七福神の選べる2つの買取方法

宅配買取梱包イメージ

宅配買取

近くに高額買取店がない

出張買取など自宅には来てほしくない

売却希望の品数が多い

買取店に行く時間がない

宅配買取における査定方法、査定金額は店頭買取と同じ査定・同じ金額になります。

査定料なし 買取手数料なし 宅配キット無料

送料無料 振込手数料無料 キャンセル無料

宅配買取について
店舗イメージ

店頭買取

その場で売るか売らないか決めたい

鑑定士から直接説明を受けたい

その場で現金買取をしてほしい

お出掛けのついでに立ち寄りたい

査定料なし 買取手数料なし キャンセル無料

駅から近い 現金買取 スピード査定

店頭買取について
初めての方へ
買取対象品
お客様の声
よくある質問

査定・お申込みから買取成立の流れ

STEP1.ご来店・宅配お申込み

ご来店

身分証明書と査定したいお品物をお持ちを上、お近くの店舗までご来店下さい(予約不要)

宅配

必要書類を準備の上、着払いで発送頂くか、無料宅配キットもご準備しております。お問い合わせフォームからお申込み下さい

ご不明点はお電話でも承ります。

STEP2.鑑定・査定のご説明

ご来店

計算書を作成し、査定金額に関しまして詳細をご説明致します。

宅配

ご来店同様、計算書を作成し、品物到着日をご連絡いたします。

机の上に鑑定中のダイヤと鑑定書

STEP3.買取のご成立

ご来店

その場で現金をお渡し致します。ご希望のお客様は銀行振込も対応。

宅配

成立後に即振込手続きを致します。当日または翌日にご確認頂けます。

計算機、現金、ノート

店頭・宅配買取・お問い合わせのご案内

どんな事でも通話無料のフリーダイヤルまでお電話ください!
宅配キット(無料)お申込みフォームはこちら
宅配買取について
店頭買取について
出張買取について
LINE査定について

買取本舗七福神の買取ジャンル

金・貴金属買取
金・貴金属買取
業界トップクラスの買取価格表を公開中!どんな金製品も買取可能です。
プラチナ買取
プラチナ買取
アクセサリーなどはもちろん、ダイヤ、宝石付きのお品から工業用貴金属まで幅広く買取!
ダイヤモンド買取
ダイヤモンド買取
0.1ctからダイヤの価値だけではなく地金、デザイン性、ブランド価値の総合評価でお買取
宝石買取
宝石買取
七福神では他店で値段が付かないものでも高額買取実績が多数ございます。
時計買取
時計買取
ロレックス、オメガなど高級時計、ブランド時計を高価買取!
ブランド買取
ブランド買取
エルメス、シャネル、ルイヴィトンなど状態が悪いブランド品も買取りできます!

買取七福神七福神 買取事例ブログ