買取本舗七福神(TOP) > 金・貴金属買取 > 金・貴金属買取のお役立ちコラム > 【純度別】金の種類・特徴|主なカラーゴールドの種類5つも!

【純度別】金の種類・特徴
主なカラーゴールドの種類5つも!

アクセサリーなどの装飾品として重宝されている金は、投資対象としても高い価値が認められています。しかし、刻印の種類や純度の配合を理解していない人も多いでしょう。基本的な知識を身に着ければ、買取相場をもとに自分でもある程度の価値が判別できるようになり、今後の投資にも役立ちます。

そこで当記事では、金の種類を含有率や色合いごとに分け、わかりやすく解説します。カラーゴールドの特徴についても詳しく説明しているため、ジュエリー選びの参考としても役立ててください。

 

1.【純度別】金の主な種類5つ

金の純度は、100を24分割して割合を示す24分率「カラット(karat)」を使い、K18やK24のように表します。似た表記として「カラット(carat)」がありますが、cで始まるカラットは宝石の重量を示す単位です。

ここでは、金製品の代表的な純度割合(配合率)について、5つの種類に分けて紹介します。

 

1-1.K24(24金)

K24は金の含有率が99.99%であることを表すもので、ほぼ純金です。刻印は「999」「K24」で表示されます。金属としては非常に柔らかく傷がつきやすいため、アクセサリーなどの加工品には向いていません。資産として金を取引する際に使われるインゴットや延べ棒のほか、金貨としても流通しています。

K24は純度が高いため変色や腐食が起こりにくく、いつまでも変わらない輝きを放つ貴重な資産として古代から大切にされてきました。体積あたりの重量を示す比重は重く、K18に比べて1立方センチメートルで約4グラム重さが増します。

 

1-2.K22(22金)

K22は、金の含有率が91.6%で、残りは銀や銅などで構成されています。K24より加工しやすいため、海外では装飾品としても流通しており、K18よりも濃い独特の色合いが魅力です。刻印は「K22」「916」などで示され、アジア圏では確かな価値のある資産として、K22で作ったアクセサリーを持ち歩く風習が見受けられます。

K22には「標準金」という呼び名もあり、多くの金貨がK22で作られています。純金に次ぐ価値があることからも、装飾品を資産価値の面から選ぶとすればK22以上が好ましいでしょう。

 

1-3.K18(18金)

K18は純度が75.0%の金を表し、残りの25%を銀や銅などの割金で調整しています。日常的に使っても支障がないほどの強度があり、百貨店などで販売されているジュエリーに多く使われている素材です。金の含有率は低くないものの、割金の銅が経年変化することから、使っていると徐々に赤みが増すという特徴が見られます。

刻印は「K18」「750」などで示され、「18K」と表記が前後する場合もあります。後ろにKがつくものは、製造年代が非常に古い装飾品か、海外で製造されたものかのいずれかです。

 

1-4.K14(14金)

K14は金の純度が58.5%となり、残りは銀やパラジウムをはじめとする割金で構成されています。一般的に、銅が多く含まれることから、時間の経過に伴い銅の酸化による変色が避けられません。しかし、金を含む素材としては耐久性が高いため、特に海外で人気が高く、楽器や眼鏡のフレームなどさまざまなパーツの素材として採用されています。

K14は資産的な価値が比較的安価となるものの、装飾品として手が届きやすい価格帯のものが充実している点や、割金で表現するカラーバリエーションの豊富さが魅力です。刻印は「K14」「585」で表示されます。

 

1-5.K10(10金)

K10は41.6%が金、残りの約58%が割金という含有率です。K18と同じく割金で色が調整され、ホワイトやピンクなど金色以外の色を表現しています。純度の高い金と比べると、軽やかで爽やかな色合いとして好まれる点が特徴です。

アクセサリーとして多く使われ、手頃な価格で購入できるものが多い反面、金の含有率が低くなるため、資産的な価値が高いとは言えません。また、金属アレルギーを起こしやすいとされています。K10の刻印は、「K10」「416」と表示されます。

 

2.カラーゴールドの主な種類5つ

カラーゴールドは、金に銅やパラジウムなどの金属を配合し、さまざまな色味を持たせたジュエリー素材です。金に他の金属を混ぜ込むことで、素材の強度を高めるという加工上のメリットがあります。

ここでは、カラーゴールドの色別に、含まれている素材の割合と特徴について解説します。

 

2-1.イエローゴールド

イエローゴールドは、金に含まれる銀と銅の割合がほぼ同じです。純金の色味からやや薄くなることにより肌に馴染みやすく、身に着けやすいゴールドカラーとなります。

男性のアクセサリーには、タイピンやカフスの素材としてイエローゴールドがおすすめです。ワンポイントとしてイエローゴールドを飾り付けると、豪華さと上品さを両立できます。女性の場合は、ネックレスやピアスなど、特に顔周りを引き立てるようなアクセサリーにおすすめです。色調の明るいイエローゴールドが、表情を明るく演出してくれます。

 

2-2.グリーンゴールド

グリーンゴールドの色味は、銀や銅を主成分として作られます。素材の強度が低く、加工が非常に困難であるため、装飾品としての流通は多くありません。もし、グリーンゴールドを使用するとしても、変形に注意して丁寧な扱いを心がけましょう。

グリーンゴールドの緑がかった色合いは珍しく、個性的なアクセサリーを好む人におすすめです。バングルや指輪などで、他の人とは異なるような個性的なデザインを求めている人は、グリーンゴールドのアイテムを探してみましょう。

 

2-3.ホワイトゴールド

ホワイトゴールドの白い色味は、パラジウム・銀・銅を配合して作られています。白い貴金属として高い価値のあるプラチナの代用品として使われ始めた歴史があり、現在ではプラチナと並ぶ人気の素材となりました。

ホワイトゴールドは一般的にメッキ加工でより白さが増すように仕上げられており、劣化すると元々の黄色がかった色味が現れます。ジュエリー・ブランドのサービスによっては再メッキが可能な場合も多く、プラチナより硬度が高いことから、装飾品として長く愛用できる素材です。

 

2-4.ピンクゴールド

金をベースに銅の含有量を増やし、銀とパラジウムで調整すると、ピンクゴールドの美しい色合いが完成します。銅の割合が多く赤みの濃いものほど、硬く加工が難しい傾向にあり、サイズ直しなどの再加工が困難です。パラジウムの割合が増えることで赤みが薄まり、柔らかく加工しやすい状態となります。

ピンクベージュとも呼ばれる柔らかく上品な色合いは、腕時計やブレスレットとしても人気があります。淡く優しい雰囲気に見せたい場合に、ピンクゴールドはおすすめです。

 

2-5.レッドゴールド

レッドゴールドは、銅を配合して赤みがかった金色を作り出しています。銅の比率が高くなることで硬度が増し、ピンクゴールドよりさらに加工が困難であることから、装飾品としては流通がほとんど見られません。銅が酸化することで変色が進みやすい点がデメリットで、定期的な手入れが欠かせない素材です。

ピンクゴールドよりさらにクリアな赤みが見られることから、肌の色に左右されずにピンクの色味を楽しめる点が魅力と言えます。指輪やピアスなどで華やかさのあるピンク色のニュアンスを足したい場合に用いてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

資産や投資商品として金が持つ歴史は古く、金を家宝として代々受け継いできた家も少なくありません。金の純度は刻印からある程度は判別できるため、おおよその価値は自分でも判断できます。しかし、正確な資産価値を知った上で、保有を続けるか、売却するかを検討するためには、買取専門店に鑑定を依頼することがおすすめです。

買取本舗七福神では、他店で買取不可とされたゴールドジュエリーなどでも、買取できる場合があります。電話やメールでも買取価格のお問い合わせを受け付けており、他店より高額な買取額の提示に努めています。金製品の売却を少しでも検討している人は、ぜひお気軽にお持ち込みください。

人気記事ランキング

【2022年】金価格は今後どうなる?相場推移と下落の要素も解説

更新日:2022年05月23日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大や...詳しくはこちら


サビの取り方

【簡単】ネックレスのサビを取る方法6選!錆びる原因と予防法

更新日:2021年04月06日

ネックレスは金属製であるため、長く使用するとサビや変色が...詳しくはこちら


黒い色の石

黒い宝石の主な9種類・石言葉|ブラックダイヤモンドから黒翡翠まで

更新日:2021年05月14日

黒い宝石は、神秘的で吸い込まれるような輝きを持つことで...詳しくはこちら


金の延べ棒

金とメッキの見分け方4選!自分で本物と偽物を調べる方法

更新日:2021年06月01日

手元に金色のジュエリーやアクセサリーがあるものの、金でできた製品か...詳しくはこちら


アクセサリー

K18GF・K18GPに価値はある?刻印の意味と高価買取のコツ

更新日:2021年06月10日

金色のアクセサリーやジュエリーの中には、「K18GF」や「K18GP」...詳しくはこちら


新着記事

グッチの財布はボロボロでも買取可能?寿命や高く売るコツも

更新日:2022年05月23日

ブランド物であっても長年使いこみ、ボロボロになった財布...詳しくはこちら


買取率とは?買取率が変動する要因から買取率アップのポイントまで

更新日:2022年04月20日

ブランド品や貴金属を売却する際は、査定額だけでなく「買...詳しくはこちら


偽物のブランド品の見分け方は?アイテム別のポイントと購入のリスク

更新日:2022年04月20日日

近年はネットオークションやフリマアプリなどで、気軽にブ...詳しくはこちら


リセールバリューが高いものの特徴は?注目のブランド6選も

更新日:2022年04月04日

ブランド品を購入する際に、デザインや使い勝手のよさを基....詳しくはこちら


関連記事

地金とは?金の資産価値・貴金属の種類・売却時のポイントも

更新日:2021年03月08日

古くから人々を魅了してきた地金は、現物自体に安定した高い...詳しくはこちら


金のインゴットとは?金塊の種類やブランドを徹底解説!

更新日:2021年03月08日

ネックレスは金属製であるため、長く使用するとサビや変色が...詳しくはこちら


ピンクゴールドとは?3つの特徴と変色を防ぐお手入れ方法

更新日:2021年03月08日

ピンクゴールドは、純金に銅などを混ぜた合金の一種です。ピンク...詳しくはこちら


18金とは

更新日:2021年03月08日

18金は、銀・銅などの配合によって色や雰囲気が大きく変わ...詳しくはこちら


カラーゴールドとは?7種類の特徴・含まれる金属・価値を解説

更新日:2021年09月30日

ゴールドジュエリーは純度の他に、地金の色で選ぶ楽しみ方も人気です...詳しくはこちら


七福神の選べる2つの買取方法

宅配買取梱包イメージ

宅配買取

近くに高額買取店がない

出張買取など自宅には来てほしくない

売却希望の品数が多い

買取店に行く時間がない

宅配買取における査定方法、査定金額は店頭買取と同じ査定・同じ金額になります。

査定料なし 買取手数料なし 宅配キット無料

送料無料 振込手数料無料 キャンセル無料

宅配買取について
店舗イメージ

店頭買取

その場で売るか売らないか決めたい

鑑定士から直接説明を受けたい

その場で現金買取をしてほしい

お出掛けのついでに立ち寄りたい

査定料なし 買取手数料なし キャンセル無料

駅から近い 現金買取 スピード査定

店頭買取について
初めての方へ
買取対象品
お客様の声
よくある質問

買取ジャンル一覧

金買取の詳細はこちら

金買取

プラチナ買取の詳細はこちら

プラチナ買取

ダイヤモンド買取の詳細はこちら

ダイヤモンド買取

宝石買取の詳細はこちら

宝石買取

時計買取の詳細はこちら

時計買取

ブランド買取の詳細はこちら

ブランド買取

店頭・宅配買取・お問い合わせのご案内

どんな事でも通話無料のフリーダイヤルまでお電話ください!
宅配キット(無料)お申込みフォームはこちら
宅配買取について
店頭買取について
出張買取について
LINE査定について

査定・お申込みから買取成立の流れ

STEP1.ご来店・宅配お申込み

ご来店

身分証明書と査定したいお品物をお持ちを上、お近くの店舗までご来店下さい(予約不要)

宅配

必要書類を準備の上、着払いで発送頂くか、無料宅配キットもご準備しております。お問い合わせフォームからお申込み下さい

ご不明点はお電話でも承ります。

STEP2.鑑定・査定のご説明

ご来店

計算書を作成し、査定金額に関しまして詳細をご説明致します。

宅配

ご来店同様、計算書を作成し、品物到着日をご連絡いたします。

机の上に鑑定中のダイヤと鑑定書

STEP3.買取のご成立

ご来店

その場で現金をお渡し致します。ご希望のお客様は銀行振込も対応。

宅配

成立後に即振込手続きを致します。当日または翌日にご確認頂けます。

計算機、現金、ノート